FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奥州支部巡回研修会

去る3月31日。駒形神社に於いて3回目の巡回研修会が開催されました。

巡回研修

今回は古典を主題として坂本副庁長様に御講義を賜りました。

坂本副庁長

講義では信仰という人の営みについて、理性的な営みから見れば相容れないものと考えられたり、教義や教典を有する宗教的な行動の中には、常識からは狂気とも思われる事もあるとのこと。
しかし、神社神道には教義や教典は存在しないが、異質なものを区別することも無く展開し、そこには神学的な「命」、「御霊」に対する信仰的な営みでがあったからに他ならないことを忘れてはいけないと改めて御教授頂きました。

受講者

真剣に耳を傾ける参加者。

そして、我が国の神道神学の出発点であり古典中の古典である「古事記」、「日本書紀」。
様々な解釈がされ様々な出版もされているが、日常に接する文章や論文等を読む時と同じくしていたのでは不適切で有り、神話を生みその背景に隠されている後世に伝えようとした人々の存在認識、価値観、生への姿勢を感得しなければならないことをお教え頂きました。

懇親会

終了後は会場を移し、懇親会を開催致しました。
講義についてや今後の斯界に向けて活発な意見交換がなされ、賑やかな懇親会となりました。(政)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

岩手県神社庁

Author:岩手県神社庁
コメントは承認制です。

訪問者数

ページビューを調べる
平成26年3月25日設置

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。