FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北海道東北六県神社庁職員研修会

7月28日(木)~29日(金)にかけて
秋田県主幹にて、恒例の北海道東北六県神社庁職員研修会が行われました。

今回は、
規程の改正を受け、
講師に神社本庁秘書部課長 主事 新山郁枝先生を迎え、
「役職員進退に関する規程の改正を中心に身分、表彰、懲戒規程等に関わる事について」
と題した研修会が行われました。

2016080509442500.jpg


市内土崎港に鎮座する神明社に正式参拝。
初日は講義、懇親会。
翌日は、高清水酒造と、民俗資料館の見学をいたしました。

(事務局)
スポンサーサイト

教化委員会

7月26日 午後2時から
教化委員会が開催されました。

P7260155.jpg

上半期事業の報告が行われた後、
教化・研修両部会に分かれ、
下半期事業の具体策、来年度教化事業に対しての予算などが話し合われました。

教化部会では、
神宮新穀感謝祭参列旅行(役員・支部長・教化委員研修旅行)の行程、
郷土暦の内容の検討など、
研修部会では、
教養研修会等の下半期に計画している研修会の日程・内容について協議されました。

(事務局)

神政連支部長会兼選挙対策委員会

7月26日、午後1時から
神社庁において神政連支部長会兼選挙対策委員会が開催されました。

P7260149.jpg

六月下旬から七月上旬にかけての
第24回参議院議員選挙支援活動の総括が行われました。

選挙結果データを改めて確認し、
青年隊、各支部から活動のご報告をいただきました。

P7260151.jpg

P7260152.jpg

非常に厳しい状況の中、
それぞれの活動に対し、本部長から謝意が述べられました。

(事務局)

北上市和賀郡神社総代連合会定期総会

7月25日(月)
北上市和賀郡神社総代連合会の定期総会が
諏訪神社社務所にて開催されました。

kitakami001.jpg

午後3時に正式参拝、
午後3時20分から総会には、
支部長以下神職15名、会員85名が出席しました。

kitakami002.jpg

総会終了後、憲法改正のDVDを上映し、
会員の皆様も憲法改正についての理解を深めることができました。

(北上 藤本)

お祝い

志和稲荷神社鱒沢宮司様におかれては

このたび神職身分が一級に昇進あそばされました
----

----

お祝い申し上げます 【隆】

神道講演研修全国大会

7月19日より21ひまでの三日間にわたり

会場を盛岡八幡宮に開催され

熱気あふれる発表が続きました

当県からも3名の参加がありました 【隆】
----

----

北上市和賀郡支部総会・研修会

7月20日(水)に、北上市和賀郡支部にて
平成28年度定時総会ならびに巡回研修会が
諏訪町 諏訪神社々務所にて行われました。

IMAG1103.jpg

定期総会は午後3時に開会、
支部長以下16名が出席しました。

巡回研修会は午後4時15分から開催され、
講師に岩手県神社庁副庁長坂本広行様を迎え、
「憲法改正」についてのご講義を賜りました。
支部神職13名が受講いたしました。

IMAG1105.jpg

今回の研修会は、時局問題についての理解を深めるとともに、
今後の日本について考える良い機会となりました。

今後もこのような研修を重ね神職としての教養を深め、
指導神職として日々のご奉仕に務めて行きたいと思います。

(北上 藤本)

下半期巡回研修会

本年度下半期の巡回研修会日程について
お知らせいたします。

http://www.jinjacho.jp/H28junkai0710.pdf

(事務局)

第61回 江刺神社巡拝

7月3日(日)、江刺神社総代連合会・神社庁江刺支部共催による「江刺神社巡拝」が開催されました。

この行事は、支部管内12地区(52社)のうち、毎年一地区ずつ、地区内の神社を巡拝する恒例行事で、
昨年で5巡(60回)を終え、今年から6巡目に入ります。

今年度は、水沢区羽田町・同黒石町地区の4社を会場に、神職や総代を始め氏子崇敬者ら285名が参加しました。

各社では修祓に続き、神拝歌奉唱、高野江刺神社総代連合会長の玉串奉奠に合わせ全員が拝礼の後、
総代長より由緒等の説明が行われました。




IMG_20160705_21861.jpg
五十瀬神社(古玉徳彦宮司)



IMG_20160705_4759.jpg
出羽神社(古玉徳彦宮司)



IMG_20160705_19940.jpg
八幡神社(古玉徳彦宮司)



IMG_20160705_13907.jpg
延喜式内 石手堰神社(北川貴彦宮司)




常に地域連帯の核となり、郷土発展の歴史と歩みをともにしてきた「心のふるさと」である神社。
八百万の神々に祈りを捧げ御加護を願いつつ、歴史遺産の再発見にも繋がる行事として、
例年多数の参加者で社頭が埋め尽くされます。
来年度は、田原地区を巡拝する予定です。

(江刺 菅)

プロフィール

岩手県神社庁

Author:岩手県神社庁
コメントは承認制です。

訪問者数

ページビューを調べる
平成26年3月25日設置

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。