FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久慈支部 物故神職慰霊祭

岩手県神社庁久慈支部では、
設立70周年に際し
去る平成28年11月18日に
明治以降の物故神職36柱の慰霊祭を斎行し、
遺族や神職、総代等35人が参列した。

kuji.jpg

支部主催での慰霊祭は35年ぶり。

祭儀は大神宮社務所に於いて、
支部長斎主の元に厳粛に執行した。

物故神職の御霊を慰め、
本支部を守り導き給えと祭詞を奏上。
遺族代表に併せ参列者一同拝礼した。

慰霊祭終了後、神職夫人の集いも併せ直会を開催し、
本支部の団結を深めると共に、
笑いの絶えない和やかな時間であった。

(久慈 播磨)

スポンサーサイト

奥州支部巡回研修会

去る8月8日、駒形神社斎館を会場に奥州支部では4回目の巡回研修会が開催されました。

巡回研修会

当日は奥州支部を始め、江刺支部、西磐井支部合わせ総勢17名の皆様に御参加頂きました。

松橋先生

今回は主題が「祭式」となり、講師として小鎚神社宮司の松橋知之先生に御講義を賜りました。本来であれば白衣、袴での講義となりますが時間が限られていると言うこともあり、特別に平服にての開催となりました。

練習

「修祓」を題材に、祓いの作法や足の運び方を中心に細かくお教え頂きました。修祓は全ての祭儀に先立ち心身の罪穢れを祓い去る為に必ず行われます。常日頃より奉仕しているにも関わらず、実際に実践してみると忘れている部分や間違った作法をしている事に気付かされ、新たに統一見解とされた作法も含め、参加者全員が日頃の作法を見直す良い機会となりました。

実技

実際の祓所を想定しての実技指導。
心と身体、それが揃うことにより洗練され美しい祭式となります。神職としての心構えと日々の修練を絶やすことなく続けていかなければならないと改めて実感した研修会となりました。(政)

北上市和賀郡神社総代連合会定期総会

7月25日(月)
北上市和賀郡神社総代連合会の定期総会が
諏訪神社社務所にて開催されました。

kitakami001.jpg

午後3時に正式参拝、
午後3時20分から総会には、
支部長以下神職15名、会員85名が出席しました。

kitakami002.jpg

総会終了後、憲法改正のDVDを上映し、
会員の皆様も憲法改正についての理解を深めることができました。

(北上 藤本)

北上市和賀郡支部総会・研修会

7月20日(水)に、北上市和賀郡支部にて
平成28年度定時総会ならびに巡回研修会が
諏訪町 諏訪神社々務所にて行われました。

IMAG1103.jpg

定期総会は午後3時に開会、
支部長以下16名が出席しました。

巡回研修会は午後4時15分から開催され、
講師に岩手県神社庁副庁長坂本広行様を迎え、
「憲法改正」についてのご講義を賜りました。
支部神職13名が受講いたしました。

IMAG1105.jpg

今回の研修会は、時局問題についての理解を深めるとともに、
今後の日本について考える良い機会となりました。

今後もこのような研修を重ね神職としての教養を深め、
指導神職として日々のご奉仕に務めて行きたいと思います。

(北上 藤本)

第61回 江刺神社巡拝

7月3日(日)、江刺神社総代連合会・神社庁江刺支部共催による「江刺神社巡拝」が開催されました。

この行事は、支部管内12地区(52社)のうち、毎年一地区ずつ、地区内の神社を巡拝する恒例行事で、
昨年で5巡(60回)を終え、今年から6巡目に入ります。

今年度は、水沢区羽田町・同黒石町地区の4社を会場に、神職や総代を始め氏子崇敬者ら285名が参加しました。

各社では修祓に続き、神拝歌奉唱、高野江刺神社総代連合会長の玉串奉奠に合わせ全員が拝礼の後、
総代長より由緒等の説明が行われました。




IMG_20160705_21861.jpg
五十瀬神社(古玉徳彦宮司)



IMG_20160705_4759.jpg
出羽神社(古玉徳彦宮司)



IMG_20160705_19940.jpg
八幡神社(古玉徳彦宮司)



IMG_20160705_13907.jpg
延喜式内 石手堰神社(北川貴彦宮司)




常に地域連帯の核となり、郷土発展の歴史と歩みをともにしてきた「心のふるさと」である神社。
八百万の神々に祈りを捧げ御加護を願いつつ、歴史遺産の再発見にも繋がる行事として、
例年多数の参加者で社頭が埋め尽くされます。
来年度は、田原地区を巡拝する予定です。

(江刺 菅)

奥州支部巡回研修会

去る3月31日。駒形神社に於いて3回目の巡回研修会が開催されました。

巡回研修

今回は古典を主題として坂本副庁長様に御講義を賜りました。

坂本副庁長

講義では信仰という人の営みについて、理性的な営みから見れば相容れないものと考えられたり、教義や教典を有する宗教的な行動の中には、常識からは狂気とも思われる事もあるとのこと。
しかし、神社神道には教義や教典は存在しないが、異質なものを区別することも無く展開し、そこには神学的な「命」、「御霊」に対する信仰的な営みでがあったからに他ならないことを忘れてはいけないと改めて御教授頂きました。

受講者

真剣に耳を傾ける参加者。

そして、我が国の神道神学の出発点であり古典中の古典である「古事記」、「日本書紀」。
様々な解釈がされ様々な出版もされているが、日常に接する文章や論文等を読む時と同じくしていたのでは不適切で有り、神話を生みその背景に隠されている後世に伝えようとした人々の存在認識、価値観、生への姿勢を感得しなければならないことをお教え頂きました。

懇親会

終了後は会場を移し、懇親会を開催致しました。
講義についてや今後の斯界に向けて活発な意見交換がなされ、賑やかな懇親会となりました。(政)

県北地区支部 神宮・神宮大麻について研修

1月25日(月)
洋野町の「グリーンヒルおおの」にて
恒例となっている九戸郡・二戸支部の研修会にあわせ
本年は久慈支部にもご一緒いただき
県北地区として研修会が行われました。

2016012612414900.jpg

現在、神宮大麻頒布の指定支部として
久慈・九戸郡支部が活動を行っていますが、
その報告・分析・展望等を各支部から発表する形で意見交換を行った後、
西磐井支部 御嶽山御嶽神明社宮司 佐藤一伯先生から
「神宮」をテーマに講義をいただきました。

終了後、合同で新年会も行われ、
次回以降もぜひ県北三支部合同で行いたいという話も出されるなど
大いに盛り上がり、夜が更けていきました。

(威)

奥州支部巡回研修会

去る12月7日、奥州市は駒形神社にて2回目の巡回研修会が開催されました。

研修会

今研修会は岩手県神社庁新山参事様をお迎えし、神社実務について御講義を賜りました。

新山参事さん

法人としての基礎知識、そして法人とは如何なるものなのか。また、法人には遵守すべき規定が存在し、その成り立ちやそれらを熟知しておかなければならないことを改めてお話し頂きました。

参加者

当日は開催の奥州支部ばかりでなく、江刺支部、東磐井、西磐井両支部の皆様にも御参集賜り、20名を超える参加となりましたこと、誠に有り難く篤く御礼申し上げます。普段は研修に参加する事の出来ない方々にも神社運営等について学ぶ場として開催されている巡回研修会。今後も多くの方々に御参加頂き、神社界が抱えている諸問題に向かい一丸となって取り組んでいけるよう切に願っております。(政)

盛岡支部巡回研修

松橋講師をお迎えして祭式の勉強会を
----

----

変更になっていること 勘違いして覚えていることがたくさん

かなり勉強になりました 「隆」

西磐井支部

神宮大麻頒布式 総代表彰式 総代会総会が100名を超える参加者を得て盛大に執り行われました
----
神社庁を代表して参列して参りました (隆)

プロフィール

岩手県神社庁

Author:岩手県神社庁
コメントは承認制です。

訪問者数

ページビューを調べる
平成26年3月25日設置

最新トラックバック

検索フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。